床下からの温水床暖房のことならお任せください。

理想の温水床暖房
MHPシステムサービス株式会社

〒183-0042 東京都府中市武蔵台1-9-43
 

042-316-9417

営業時間

9:00~17:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

建てて間もない住宅の床暖房リフォームは床下ベスト!

弊社は床暖房の本質(主暖房)を大事にしています。常識を変えた『異端児』が届ける温水床暖房!!       

 建設会社様からお受けした床暖房リフォーム『床下遮断熱工法』をしました。建設会社様がお客様が入居後。少したってから住宅の感想を聞きに行ったときに床暖房も確認してお客様がすごく快適です。今まで取り扱う床暖房の感想と内容が違う言葉が返って来たことで、建築会社様からA様邸と新築でも同じ様な空間になりますかと言われた。自信をもってお勧めできる製品が12mmタイプでは無理なので15mmタイプの『平床工法』遠赤外線高放射パネルの床暖房を営業しています。現在の12mm厚から15mm厚に設計変更をしても使用したい製品です。   『機能性にこだわった住宅』には『ハイスペックな床暖房』を!!

 

『床暖房専門』がお届けする画期的な床暖房をご紹介しています。新築住宅の1階部分に入居前後すぐでも安心なリフォーム床暖房、大掛かりな工事はいりません。既存の床(フロアー材)はそのままで簡単に床下から床暖房リフォームが出来る。まずはリビングダイニングキッチンから快適な低温床暖房を取り入れてみませんか。弊社の『床下遮断熱工法』は剛床構造(根だレス)厚い床材に対応が出来る。床下工法の常識を変えた床暖房が『理想の温水床暖房=床下遮断熱工法』です。

 

 真冬に素足で快適『ソフトな温かさ』を実現。

『部屋ではくつろぎたい』足首を閉めている靴下も脱ぎたい『解放感』

 裸足でも温いので『快適』それが低温タイプの今までにない床暖房

  を実現に!!

一般の床暖房の場合

床暖房業者(一般):一般的には36~40mmになると『床下からの工事では暖まらないよ』と尻込みしているのが普通です。あとは部分暖房なら出来るよ。回答:これでは省エネや快適な暖房とは言えません。 

床暖房リフォーム(一般):通常の床暖房リフォームでは新築住宅のまだ綺麗なフローリングを解体して床暖房工事をすることを進めてきますが床暖房リフォームをした事でバリアフリーだった床が段差になってしまいます。入居後すぐには《ありえない・もったいないから床暖房をあきらめる?》回答:あきらめなくても大丈夫です。床下工法があります。さらに省エネや暖房性能アップには『床下遮断熱工法』に限ります。

アドバイス:今から新築住宅をお考えの方で床暖房を導入するなら中途半端は良くありません。 回答:必ず主暖房にする。

中途半端な床暖房の答え:後々に損を必ずします。快適性・燃費(毎月の積み重ねが後にこんなに支払っていたのとなります。)  

高断熱住宅だから床暖房はいらない❔ 冬になって初めて感じたこと:暖房器具で部屋は暖かいけど床が冷たい こんなはずではなかった 何とかしたいと言う声が非常に多い。あれだけ断熱材入れたのに! 断熱材を多く入れることは無駄ではないけれど断熱材は温めてはくれない!

アドバイス:新築住宅には高断熱住宅だからこそ出湯温度が調整できるヒートポンプ式熱源機の低温タイプ床暖房がベストマッチします。

※豆知識:断熱材の上に直接寝ると暖かい。それは自分の体温を感じるからです。但し、断熱材が床下では『やはり床は冷たい』

お客様に快適な暖房生活が出来るご提案するため難しい床材の厚さでも弊社は簡単にはあきらめない『優良製品』を届ける

過去最高に床材が厚かった(46㎜)住宅の件 ※下記説明

施工前・施工後内容:デザイン性が高い住宅で玄関からホールやリビングダイニングキッチン他までも扉等がないと言うことは玄関のコンクリート部分からの輻射冷却が床暖房の熱量を奪うことになり、暖房には不利となります。更に床の厚さが46mmあるのでお客様に主暖房は難しい現場であると事前に伝えていました(本当に寒い時には)それでもお金をかけて弊社の床暖房に託して頂きました『難しい床の厚さでも弊社は簡単にはあきらめない!』お客様はこれまでストーブやエアコンで床の冷たさを6年間我慢をされて来ました。そんなお客様のお気持ちを考えて46mmと言う未だ経験がない床の厚さに弊社の床下遮断熱工法が対応できるか。お受けした以上『性能実験ではなく』必ず成功にしなければならないと言う思いで現地に乗り込みました。床の厚さに合わせた特殊な施工をさせて頂きました。床暖房施工が終わったのが平成28年6月の少し温かくなってきた季節なので暖房運転をするには気が引けたのですが遠方先でもあるのでお客様にご相談をして試運転を1時間だけさせて頂きサーモカメラで温まりの確認をしました。確認結果これなら問題はないだろと思い東京に帰ってきました。初めての経験の床厚の現場ではありますが遠方のため冬季に確認に来るまでの経費も出ません。何かあれば連絡をくださいとお伝えして来たので連絡がないと言うことは問題がなくご使用されているのかなとも思いましたが、気がかりなことは最初にお客様に主暖房は難しい現場とお伝えしていたので『こんなもんかな』と言う気持ちでご使用になっているかもしれません。

そんな気持ちを感動に変えてくれた!:平成29年3月に電話をする機会が発生しました。電話をするきっかけになった内容:交換時期が来た電気メーターを電力会社様が交換した結果機器のトラブルが発生しました。弊社がご連絡をする前にお客様が再度ブレーカーを入り切りをして頂いたことで床暖房用熱源機本体が正常に動いたと言うことをお電話をしたときにお聞きして一安心しました。ご連絡をさせて頂いたついでに失礼ながらお客様に床暖房の調子を確認させて頂きました。室温20℃で使っていたのですが寒い時期があったので今は室温22℃設定で1階全室(リビングにはスケルトン階段があり頭上は吹き抜け・ダイニング・キッチン・廊下・洗面室・脱衣室・トイレ・ホール・既存ユニットバス)素足でどこに行っても快適な空間になっているそうです。1階の床暖房を24時間運転をすることで少しだけ2階も温かくなっているとも言われました。※リモコン運転の室温20℃~22℃に弊社も大満足です。

(奥様談)※お客様に床暖房の感想を聞けたこと本当に良かった。

最後に感謝のお言葉を頂きました:(その節は遠いところまで来て頂き本当にありがとうございました)と言われた。

感想:『 感動(言われた事)・感謝(信じてくれた事)

低温水床暖房でお客様を『笑顔・安心・安全・快適』

住宅の中で床が温かいの部屋が寒くないは最高の暖房器具!

赤ちゃんにも安心安全な 低温水床暖房

弊社の床下遮断熱工法は一般の床暖房とどこが違うのか床暖房の性能は当たり前ですが加工性に優れています。現在の多くの住宅が剛床構造(根だレスタイプ)(36mm~40mm)の床材が支流の中で新築住宅が建つた後から床下から施工しても快適な温水床暖房を提供させて頂いております。また安心安全も考えるため温水温度が低い床暖房を考えています。極端に床の温度を上げずに自然な温かさ(ぬくもり)でありながら身体に寒さを感じさせない床暖房です。

省エネに必要なことを解説

1)当たり前ですが床暖房だけで温かい

2)床暖房敷設と省エネな熱源機とセットで初めて機能する

3)24時間運転は意外と省エネまた快適なので『やめられない』

4)真冬でも床も身体が寒くないと感じる範囲で温度設定をする

5) 毎回建物も違うし断熱性能も違うため妥協をしない

6)だから温水式ヒートポンプ熱源機をお勧めです

価値ある床暖房を高価と感じるのはほんの一時です

 床暖房パネル&温水パイプの本体は寿命が永いから将来換えかえるのは熱源機と不凍液だけなので敷設に予算を使ってもお徳です。      なぜ敷設に予算を使うのか:省エネのためです。開放的に快適な生活が出来るからです。暖房能力に余力が生まれます。

  『遠方のお客様でも安心』
剛床構造の現場をなんで遠方のお客様が東京の会社に?簡単です!
 
剛床構造(厚床)に対応できる工法を考えたのがMHPシステムサービス株式会社です。その工法の名称が『床下遮断熱工法』です。


弊社が施工した遠方(床下遮断熱工法のみ)※関東地方1都6県は近郊除く
《 奈良県・滋賀県・福島県・愛知県・三重県・長野県・静岡県・富山県 》

※遠方でも同県の件数が増えています。  まだ15都道府県か!!
弊社が手掛けている床下遮断熱工法の床暖房システムに10年保証の不凍液を採用しています。弊社も以前は施工していた床下工法から弊社の床下遮断熱工法にしてから暖房性能がアップしたことで床暖房クレームがありません。 

※お客様が省エネに興味があれば価格面は自信をもってあがります。

ちょっと待ってください!!イニシャルコストとランニングコストのトータルで考えていただければかえって自信をもって安くなります。弊社が遠方のお客様に自信をもってご提供している床暖房システムは床暖房の敷設だけです。
あとはアフターフォローが安心な熱源機とセットで販売しています。    修理時は安心!(毎年性能が上がっているので修理はあまりありません)
但し 弊社の問題であれば弊社の責任で解決します。※今までに問題がない!

遠方のお客様にも安心!全国にメーカーの直営の修理会社があります。 
床下遮断熱工法の本体超寿命!『安心・安全』


ここがポイント:入居後だから安心して生活環境も整った事で床暖房敷設が自由に幅広く設計出来るため理想な場所に低温水式床暖房を導入が出来ます。 ※素足で生活が出来る開放感を作ることで ※ヒートショック防止なる
究極の低温水床暖房システムそれが『理想の温水床暖房』です。
かい床暖房からかい(ぬくい)床暖房に、さらに床暖房対応ではない無垢材にも優しい低温水床暖房『低温水でも体が寒くない床暖房』頭寒足熱がいいね

※往きの温水温度を安定して管理(低温)が出来るヒートポンプ式熱源機を弊社はご提案させて頂いております。ヒートポンプにはインバーター制御がある

床下遮断熱工法の施工事例

超低温水遠赤外線床暖房無垢材でも安心

現在の床材はそのままで床下から温水床暖房の家。 敷設はリビング・ダイニング・キッチン・脱衣室・トイレ・廊下・ホ-ル・その他 真冬に素足であるける健康的な快適な住宅が可能です。※上記の写真は根だレス(剛床)の遮熱シートを張って仕上げの段階の写真です。

※引用写真は床下遮断熱工法です。

床下工法を低温水でハイパワーな床下遮断熱工法に換える

 40mmの床材の厚さを多くの床暖房業者が床下からの施工では温まらないよと言う住宅を数多く床下遮断熱工法で施工をしています。実績のある当社にお任せください。※上記の写真は2重張りで床下工法専用断熱材を入れる前の写真です。これは標準の床下工法です。※引用写真は床下工法です

注)床下工法に遮熱材を使用しただけでは剛床構造には対応できません。また床下遮断熱工法にもなりません。

お客様のお住まいの床を温めながら快適で省エネな暖房生活を真剣に考えているお客様は床下遮断熱工法がベストマッチします。
※常識を変えた『異端児』が今までにない優しい床暖房をどうぞ!

  • 低温でも高性能な温水床暖房で床の厚さが40(46)mmでも温かいそれが弊社の床暖房です。
  • 床下遮断熱工法は床暖房を感じさせないぐらいの自然な温もりの床暖房です。
  • 価格は通常の床暖房からすると高価となりますが高くても当たり前です。高性能・省エネ・床暖房の中のレジェンド!
  • 同じ部屋の面積でも弊社の場合床暖房敷設のが違う。
  • 新たな部品を使いきめ細かな施工により高性能が実現する。
  • 遠赤外線パネルの実験から生み出された工法が弊社独自のユニットバス遮断熱工法です。
  • 通常の床暖房(部分暖房)と弊社の床暖房(主暖房)を価格だけで比べたら間違いなく『敗北です。しかし快適性なら楽勝』 ※導入時は敗北ですが燃費×省エネ=最終的には勝利』
  • 同じ面積の敷設なら価格は変わらないと思いますが、弊社は省エネや快適な空間が目的なので他の床暖房と同じことはしない。
  • 最初にかかる費用は問題ですか  ❔ 私は違うと思います。最も大事なことは『毎月の光熱費が安い方』が私は重要だと思います。
  • 床暖房本体は超寿命!!そこに費用を賭けることで省エネになるのだから将来的にもお得になることは『当たり前』です。

弊社の考え方『特徴』

床暖房敷設の高い技術力

  1. ブラックの遠赤外線輻射アルミパネルを採用しております。 ※遠赤外線効果
  2. 根だレスタイプの厚さ40mmの厚い床材でも対応が出来る床暖房。 ※技術力
  3. 他社との差別化のため床暖房の敷設にきめ細かい工夫をしています。※キッチンなど永い時間立ち作業する場所には  ※特に重要!!
  4. 最大限の敷設率。※更なる省エネ『ゆとりが生れる』
  5. 現場検証後に条件によっては床暖房設置範囲内(主暖房のお客様限定)床暖房を設置が出来るスペースがあれば進んで敷設をさせて頂きます。 ※さらなる快適
  6. 機能あふれるデザイン住宅が多く建設されている中で私にとって毎回が新鮮で、いかに難題をクリアーし床暖房の敷設が出来るかが楽しみです。 ※挑戦
  7. 弊社ではお客様に快適で省エネな温水床暖房をお届けするため、建物の条件によって床暖房部材の種類や施工方法を変えています。 ※弊社オリジナル工法

快適な床暖房が目的のため

  1. 床暖房工事施工後にコールドドラフトの防止のアドバイスをしています。 ※さらなる省エネ効果
  2. 床暖房施工後に敷設の確認をしております。温まり方を画像で確認ができるサーモカメラにて敷設範囲の状況を確認しております。 ※温もりを目で確認
  3. 理想の床暖房の床下遮断熱工法の場合 冬季の場合:断熱材作業の途中で床暖房の運転をして温まりの確認をしております。※この時にお客様から床暖房の感想を聞くことが出来ます。 ※安心が生まれる
  4. 一般的に床暖房だけで温まらない住宅が多い中で、弊社では温かい床暖房が普通で、さらに『さむくない』と言う床材に優しい低温水床暖房を目指しています。 ※温もりが自然!!

アフターフォローについて

 弊社では床暖房のアフターフォローには力を入れております。熱源機については最近の弊社が取り扱っている床暖房専用機は年々性能が良くなり、アフターフォローの機会がなくなっています。そのため安心して遠方のお客様にも『床暖房専用熱源機』をお勧めできます。お勧めできる熱源機は(①ヒートポンプ式・②ガス式)です。

熱源機の水不足のトラブルについて

弊社では3~5年ぐらいに発生する水不足のエラーについてはお客様に補充をお願いをさせて頂いております。水道水を入れるだけの簡単な作業なのに業者に頼めば有料になってしまう。そのためお客様へお願いをしております。

※水道直結タイプは水不足にはなりません。

遠方のお客様の熱源機が万が一トラブルが発生した場合にはメーカーの修理部門に任せています。地域に修理拠点を持っているため安心して修理依頼が出来ております。

弊社では近隣や遠方のお客様を対応しておりますので創業当初から弊社では床暖房専用熱源機に10年保証の不凍液を採用しております。不凍液交換の定期メンテナンスにつきましては基本的には定めておりません。

※お客様のご判断にお任せしております。

『定期メンテナンスは無駄な費用と考えております。』

お問合せ・お見積りはこちら

お問合せ・ご相談、お見積りは問い合わせ専用フォームにて受け付けております。※また匿名(ニックネーム)でもかまいません
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・お見積りはこちら

※外出の際は留守番電話にて対応しております

042-316-9417

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

お客さまへのお約束

当社では、無理な勧誘やしつこい営業は一切いたしません。お客様のご質問やご相談返信メールのやり取りがある場合には必ずご返信メールさせて頂いております。手違いにより返信メールが届かないことが数例ありましたので誠に申し訳ございませんが、ご相談のお客様は弊社から返信メール(出張の場合は1週間以内)がなかった場合にはご連絡をお願い致します。またお客様よりご返信がなくなった時点をもちまして送信を中止させていただきます。どうぞ安心してお問合せください。

お問合せはこちら

どうぞお気軽にお問合せ・ご相談ください。
※床暖房の工事等で出かけている場合には誠に申し訳ございませんが留守番電話での対応のため、ご伝言(記録)をお願いいたします。

安心なメール送信では
 ※お問い合わせフォームは24時間受け付けです。匿名でもお問い合わせが出来ます。

お問合せはお気軽に

042-316-9417

お客さまの声

理想の床暖房が実現しました

快適です
思い切って決断してよかった
夫婦そろって感動しています
床暖房っていいな
※写真画像はイメージです

アドバイスが良かった

カーテンを変えただけでさらに温かくなりました。省エネになった気がします。
24時間運転を進められて夜中にトイレに行っても温かいので快適です。
※写真画像はイメージです

代表者紹介

代表取締役 谷中 守

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

MHPシステムサービス

042-316-9417

住所

〒183-0042
東京都府中市武蔵台1-9-43