床下からの温水床暖房のことならお任せください。

豊富な経験と高い技術力
建設業許可票(管工事業

理想の温水床暖房
MHPシステムサービス株式会社

042-316-9417

営業時間

9:00~17:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

主暖房と部分暖房では『月と鼈』

豊富な経験と高い技術力で快適な暮らし・健康・省エネ・高寿命を実現するために取り組んでいます。往き側の温水温度は最高で55℃ですが弊社の理想の温水床暖房では必要がありません。(35~43℃)の間の1℃刻みで運転が出来るのは三菱電機エコヌクール・ピコ(レオ)だけです。※低い温度で運転しても快適な空間が造れることは超省エネに繋がります

 他社の床暖房用熱源機は戻り温水で温度コントロールしているため往き温度は高い温水温度になります。お部屋を暖め過ぎるため無駄なエネルギーを使用するため省エネにはなりません。

『主暖房』と『部分暖房』は表現は悪いですが『月と鼈』
 現在使用されている温水床暖房は部分暖房(採暖)が多く導入されていますが『快適性と省エネ性と安全性(健康面)』はありません。

 『低温の主暖房』を導入したお客様は『快適性・省エネ性・安全性』が確保されます。双方を温水床暖房を体感をすることは一般的には出来ないためお知らせいたしますが主暖房と部分暖房は『月とスッポン』

 右と左の暖房のイメージ画では全く違う別物の温水床暖房の感想になります。

敷設率が多くて寒くないと思う最低限の温もりを供給するから省エネになるやさしくぬくもる低温水床暖房で超省エネな暖房設備になります。最低限の温水でも素足で生活が出来ます。やすらぎのある心も体もリラックスできる理想の温水床暖房です。良い物を購入したと感じて光熱費が安いため実際には安く購入したのと同じ結果です。

敷設率が少ないため高温水で暖める床暖房は床面が極端に熱くなるためスリッパが必要です。敷設面積を少なくすると全体的には寒くなるため他の暖房器具の運転が必要になるため金食い虫となります。結果:初期投資を安くしても光熱費が高ければ損をします。安い買い物をしたことにはならないことになります。

主暖房でも『温かい』と『熱い』では『月と鼈』

①のイメージ温水床暖房です。

主暖房にも大きく分けて2種類のタイプがあります。

主暖房で『温かい』柔らかな温水床暖房  柔らかな温水でお部屋は『ぬくい』環境で素足で歩いても冷たくない(足元から体温が奪われない状態)寛いでいる時は『床面から伝わるぬくもり』で居心地が良い。※燃料費が安いのに快適

 

主暖房で『床面が熱い』暖かい温水床暖房の場合:暖かい温水でお部屋は暖かくすると室温の調整が難しくなります。敷設面積が少ない温水床暖房の場合は水温を上げなければ主暖房にならないため室温設定で制御している場合は床面が『熱くなったり・床面が冷えたり』を繰り返すため室温設定が高くなりがちになります。※燃料費が高いのに不快

※詳しいご説明が欲しいお客様はお問い合わせフォームにてご質問ください。※匿名でも可能です。

真冬に効率よく下半身を温められれば快適になる

 下半身を有効的に温められる温水床暖房です

主暖房で快適な暮らし

 柔らかな温水の温水床暖房で下半身を温めることが出来れば薄着で生活が出来ます。理想な温水床暖房は輻射熱で素足で生活が出来てどこに行っても柔らかな温かさです。※敷設が可能な場所は多く入れる程に省エネになります。無駄なエネルギーを必要としないから、省エネなヒートポンプ熱源機の組み合わせでより省エネになります。

下半身が寒くない上半身を熱くしないが健康の第一歩です。
『主暖房』=『快適な温水床暖房』=『自然なぬくもり』

 

部分床暖房暖房器具(ストーブ・エアコン等)

部分暖房のお話です。温水床暖房を安く購入しても快適性があまり感じれないことと光熱費が高くなるため逆に損をします。温水床暖房を部分暖房(補助暖房)とお考えのお客様は本物の温水床暖房の価値がわからない事と最終的には得をすることもわからないままになります。
部分暖房』=『本物の快適がわからない』

暖かくて気持ちがいいと勘違いをされる方もいらっしゃいますが実は健康的でもありませんし省エネでもありません。

お部屋の面積の30~50%の敷設は部分的床暖房となります。60%ぐらいでは高温水で運転すればもしかしたら主暖房になるかもしれませんが快適性は失われます。足らない分をエアコン等で運転したほうが少しは快適になると思います。温水温度を上げると閉鎖(スリッパ等)する物が必要となり無駄なエネルギーを消費します。これが浪費になり光熱費が高くなります。また過剰に床を温めすぎると身体もだるくなったりします。

 

温水床暖房『部分暖房』と上手く付き合うためには:スリッパを履く

熱源機のホットダッシュ機能を解除する温度を上げ過ぎないことをお勧めいたします。それでも部屋が寒い時にはエアコンで補助暖房をしてください。決して部分暖房の温水温度を高くして床暖房で部屋を暖めようと考えないで下さい。それはお客様の健康のためにもフロアー材の早期の傷みにもやめた方がいいです。

部分床暖房と他(エアコン・ストーブ)の問題点

なぜか❔『さむくて・床が熱くて』ストレスが発生する(部分暖房)

他の暖房器具の主な例:顔がほてったり・温風がきらい・ほこりが舞ったり・コールドドラフトで寒さを感じたり(筋肉が少ない膝あたりが寒さを感じやすくなります)

部分暖房や高温の床暖房の主な例:足裏に汗をかいたり・足裏が痛くなったり・歩く動線に冷たい場所があったり(床暖房がない範囲)、床暖房の範囲が熱すぎたりするためスリッパが必要になったりします。

理想の温水床暖房と部分温水床暖房の違い

理想の温水床暖房 ※図1

図1 床暖房パネルを現場で加工が出来るため多彩な形状に敷設が出来ます。

継ぎ手の使用は点検が可能な場所に設置するため万が一修理が発生しても安価で修理が出来ます。

※床下遮断熱工法や床下工法の場合には工事中でも生活はそのまま可能です。(作業中は点検口周辺のみ制約は発生することがあります)※家具類の移動はありません。

家事スペース(造り机)で作業する場合でも温かくて効率が上がります。

パイプ後入の床暖房パネル

部分温水床暖房 ※図2

図2 温水パイプが個別のパネルに内蔵されているため床の内部で継手を使って接続をしています

※配管(継ぎ手)のトラブルが発生した場合には既存のフローリングを解体して床暖房パネルを交換をするため大掛かりな工事になるため交換時には高額な費用が掛かります。
※工事中は大幅に生活に制約が出来ます。※部屋全体の家具類の移動が発生いたします。

家事スペース(造り机)で作業する場合にはコールドドラフトで下半身が冷えるため寒い環境になります。

パイプ内蔵の床暖房パネル

頭寒足熱はお子様の健康と勉強を応援します。

お子様が勉強するときに 頭寒足熱なら頭すっり!!

さむくない=頭寒足熱=眠くなりにくい=はかどる
上半身はさわやかな空間なのに下半身は温かい。しかし『さむくない』と言う表現になるのでしょう。※さむくなければ不用意に上半身を温める必要がないと思います。心臓から遠い足元は体の中でもっとも体温が低い部分です。下半身をやさしい温水床暖房で効率よく温めてあげれば薄着でも快適に過ごすことが出来ます。

お問合せはこちら

床暖房のご相談・ご質問はお問い合わせフォームからお願いいたします
※お問い合わせフォームは匿名でのお問い合わせも可能です。
※(イニシャル等)必須

 お電話のお問い合わせは留守番電話のためお名前と電話番号と相談内容が必要です。

※修理・ご相談用に担当者に直接つながる直通ダイヤルがあります。固定電話(お客様専用)から転送で担当者の携帯電話につながります。

お問い合わせはお気軽に
(留守番電話対応)※氏名・電話番号・相談内容

042-316-9417

代表者紹介

代表取締役 谷中 守

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

MHPシステムサービス

住所

〒183-0042
東京都府中市武蔵台1-9-43